自分の車の買取金額をできるだけ高くするのには、、愛車を手放す時期タイミングなども関係があります。自分から店先まで自動車に乗っていって売却額査定をしなくてもネットで車買取店で自動車の売却相場依頼にだせばたいした時間も掛からず売却額査定価格を提示してくれますが、あなたのマイカーを多少でも損をすることなく処分することを考えれば数点の注意する点がある訳です。どのようなものがあるかというと一番は、走行距離があります。今までの走行距離は愛車の売買額の査定でも重要なベンチマークとされる指標のひとつだと言われています。どの程度の走行距離で売りに出すとよいかと言いますと中古車の売却額査定が変わってくる走行距離は50000kmですから、その距離を超えてしまう以前に、買取査定を依頼して手放すのが望ましいと思います。走行距離が40000kmと100000kmでは一般的に、自動車の売却相場は相違があります。二つ目に、車検があります。当然車検というのはお金が掛かっている分車検が必要になるまでの残月数が長いほど査定額は上がると感じるのが普通かもしれませんがそれは誤りで現実には車検の前でも後でも中古車の査定にはほとんど響くことはありません。これは少ししてみるとよくわかってきます。車検のタイミングは売り時としても望ましいということになります。反対に売却額を高額にするために車検を済ませてから査定を頼もうというのはお金と手間がかかるだけで、プラスに働かないということです。その他に買取業者に中古車を売却するタイミングとしては2月と8月が狙い目と言われている時期です。と言いますのも、自動車買取店の期末が3月と9月というところが多くあるからです。そのため、例えば1月に売ろうと考えたとしたらもうちょっと待って2月に中古車の見積もりを専門店に頼んで売るのも手です。自らの都合もあるでしょうから、誰もが機会に売るなどというわけにもいかないでしょうけれども、可能ならばこういった時期を狙ってみると良いと思います。