自動車重量税、別名重量税は国内メーカーの自動車もしくは外国の車というような愛車の生産している国や電気自動車、1BOX車というような自動車のタイプも全て同じで例えば、トヨタやBMW、などでも変わりなく負担をしなくてはいけない税のことをいいます。新車を登録するさいあるいは車検の場合に納税が必要な税になります。この金額は対象となる自動車のウエートにより決定されます。「自動車重量税」と「自動車税」という二つの税金はまったく違う税金のため、一緒にしないようにしてください。「自動車重量税というものは重量毎に」「自動車税というものは車のリッター数毎に」その金額が変わってきます。そして、買い取りする時の扱われ方違ってきますし、注意しなければなりません。中古車の買い取りの時には支払い済みの自動車の金額がいくら残っていても、その税金が返ってくるようなことはないですが、一方で自動車税でしたら、既に支払った額を売却額に足してくれるというケースがあるものの、重量税については上乗せしてくれるといった場合は全然ないはずです。重量税の場合は、どれだけ既に支払った税金があるからと言って店側でその事実が考慮されるケースはまずないものなのです。ですからその次の支払い、要は車検に出すまで待機して買い取りを依頼するという手法が最も良いです。中古車の買取の際は考慮されない重量税でも特定のケースでしたら戻ってくることもあるのです。これに当てはまるのは、車検の効力が残っているクルマを廃車にする時。要は抹消登録をした時に、残存期間に応じて税金が還付されます。ただ、自動車の買取時はその自動車が廃車されるのとは違うので返ってきません。それから売却する自動車の名義を変更した場合や盗まれた際も還付を受けることはできません。自動車重量税が残っている自動車を売却することは、要は車検が残っているクルマということと同じです。その辺りを業者も忖度しますから、自動車重量税の期間が残っていれば、買取額があがると思います。当然買取額は店により違ってきますが車検の効力がまだある事実が考慮されれば、売却する車の買取額と比較するとそんなに割に合わないということもありません。